同志社大学法科大学院

基本情報

研究科長メッセージ

なりたい自分への一歩。

 「学生一人ひとりが、自主的に学び、それぞれの目標に達する。」これが私たちの願いです。そのために、充実した質の高い教育を提供し、多方面にわたるきめ細かく手厚い支援を用意しています。
 同志社大学法科大学院では、基礎、基本、応用へと段階的に進むカリキュラム、習熟度別の少人数授業、オフィスアワーでの学生一人ひとりの学力と性格を踏まえた指導など、予習・受講・復習をきちんと繰り返すことで着実に実力がつく教育体制を整えています。また、幅広く多様な選択科目を開設し、各界の最前線で活躍する実務家による指導の機会を数多く設けて、法曹を目指す場合にはもちろん、他の進路を考える場合にも役立つ体制にしています。なかでも渉外法務教育は、ヨーロッパを代表する法的機関での実地研修、アメリカのロースクールとの協定による学位取得プログラムや単位互換制度、海外の法律事務所でのインターンシッププログラムなど、大変充実しています。
 入学時の導入教育・教員による日々の個別指導・アカデミックアドバイザーによる学習指導などの正課外の学習支援、勉学に集中できるよう学費等の経済的負担を最小限に抑えるための経済的支援、就職支援チームによる就職支援をはじめとして、学生生活をよりよく送るための様々な支援も用意しています。
 皆さんが、私たちの提供するサービスを存分に活かして、なりたい自分に向かって進まれることを願っています。

司法研究科長 佐久間毅

司法研究科長 佐久間毅

BACK
ページの先頭へ