同志社大学法科大学院

入試情報

法曹コースに関する説明

法曹コースと同志社大学法科大学院

 2019年6月、法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律等の一部を改正する法律が成立しました。これにより、わが国の法曹養成制度は、次のような改正を受けて進化します。
 同志社大学法科大学院は、改正法の下での新たな法曹養成制度に完全に対応し、これまでの先導的な取り組みを活かして、有能な法曹をこれからも輩出していきます。

法曹コースを設置する法学部との連携
  • ●同志社大学法学部、及び西南学院大学法学部との間で連携協定を締結しました。今後も、さらに多くの法学部との連携協定を締結する計画です。
  • ●法曹コース設置以前から同志社大学法学部と連携して、早期卒業制度を活用した法曹養成を推進してきました。
  • ●早期卒業制度を利用して司法試験に合格し、既に法曹として活躍している先輩を数多く輩出しています。
連携協定に基づく法曹養成教育の充実
  • ●同志社法科大学院の教員が、同志社大学法学部の法曹コースにおいて、一部の講義科目、演習科目を担当します。
  • ●同志社大学法学部の法曹コース在籍中から、学習方法から起案指導まで、法科大学院が培ったノウハウを惜しみなく投入します。旱期卒業を経て、早期に司法試験合格を勝ち取る指導をします。西南学院大学法学部との間においても、法曹養成教育を推進するために連携事業を行います 
法曹コースを経た卒業予定者の入試
  • ●協定校との間で、いわゆる5年一貫型の入試制度を導入します。全国の法曹コース修了予定者を対象として、開放型の入試も併せて実施します。
法科大学院在学中の司法試験受験資格
  • ●司法試験の在学中受験資格を得られるように、また、在学中の合格を目指せるように、一部の基幹科目の履修を旱めるなど柔軟に科目、クラスを配置します。
  • ●確実な合格を目指すために、各自の学修進度に応じて最適な学修を進められる態勢を整えています。

法科大学院への進学のイメージ

  • ●法曹コースを経由して、特別選抜入試により法科大学院に進学できるようになります。
  • ●法学部3年+法科大学院1年の学修で、法科大学院在学中に司法試験の受験資格が得られます。
  • ●法曹コース以外の法学部生、他学部出身者・社会人にも、さらに力を入れて指導します。

法科大学院への進学のイメージ

BACK
ページの先頭へ