同志社大学法科大学院

入試情報

履修免除試験

新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、入試日程、入試選抜方式および選考方法を含め、本要項の内容を変更することもありますので、出願期間が近づきましたら、本研究科ホームページ(https://law-school.doshisha.ac.jp)で最新の情報を確認してください。

【履修免除試験】
Q1
履修免除試験とはどの様な試験ですか?
A
法学既修者として合格し、本研究科への入学を予定している方を対象とした試験であり、この履修免除試験を受験し、一定の水準に達していると認められた場合は、受験型で受験対象外となっている科目(「行政法・商法受験型」の場合は民事訴訟法及び刑事訴訟法、「民訴法・刑訴法受験型」の場合は行政法及び商法)に対応する法学未修者1年次及び2年次配当の「A群基礎科目(必修科目)」の授業科目について履修を免除します。
【受験資格】
Q2
履修免除試験に受験資格はありますか?
A
下記のいずれかに該当する方が受験できます。

  • 前期日程入試D方式で法学既修者として合格し、入学手続を第2次手続まで完了した者
  • 後期日程入試D方式で法学既修者として合格した者
  • 外国人留学生入試で法学既修者として合格した者
Q3
法曹コース特別選抜入試に合格した場合、または、法曹コースを修了したものの一般選抜入試に合格した場合、法曹コースや入試の成績が悪い科目について、履修免除試験を受けなければならないでしょうか?
A
法曹コースを修了見込みの方で、法曹コース特別選抜入試または一般選抜入試D方式にて法学既修者として合格し、入学までに法曹コースを修了された場合、原則として法学未修者1年次及び2年次配当の「A群基礎科目(必修科目)」の授業科目について履修を一括免除しますので、履修免除試験を受験する必要はありません。
Q4
受験資格がある者は必ず受験しないといけませんか?
A
受験は任意です。ただし、法科大学院3年次在学中に司法試験を受験する資格を得るためには、7法すべての講義科目について履修免除を得ておく必要があります。法科大学院3年次在学中に司法試験の受験を希望する方は、必ず、履修免除試験を受験してください。
【試験実施科目】
Q5
どの科目について履修免除試験を受けることができますか?
A
Q1のとおり受験型で受験対象外となっている科目に加えて、前期日程合格者で基準点に満たない科目があった方には、当該科目の受験を認めます。(基準点に満たなかった科目の受験については、入学試験後の約半年間の学修の成果を判定するという趣旨から、後期日程合格者の方は対象外としています。)
【実施時期・場所】
Q6
履修免除試験はいつ、どこで実施されますか?
A
2022年3月13日(日)を予定しています。会場は京都(同志社大学今出川キャンパス)のみとなります。東京、福岡では実施しません。
【受験手続等】
Q7
受験には申し込みが必要ですか?
A
事前の申し込みは不要です。受験を希望される方は、当日直接会場へお越しください。
Q8
別途受験料が必要ですか?
A
受験にあたり追加費用は不要です。
【試験当日に必要な物等】
Q9
当日は何を持参すれば良いでしょうか?
A
当日は合格した入学試験の受験票を持参してください(入学試験終了後、受験票は大切に保管してください)。その他、試験時に使用できる物については、入学試験に準じます。入学試験の「受験時の注意事項」を参照してください。なお、当日は会場で資料として市販の小型六法を配付します。配付した六法以外のものを持ち込み、使用することは一切認めません。
BACK
ページの先頭へ