同志社大学法科大学院
8/32

 法曹に不可欠な基本的な法的知識及び実務上の法的対応能力の修得を図るとともに、法的思考力、理解力、分析力、表現力、判断力などの養成を行う。このような人材を育成するためのカリキュラムの科目群は、下記のような、A群基礎科目・1類・2類、B群法曹基本科目・1類・2類、C群基幹科目・1類・2類、D群展開・先端科目Ⅰ1類・2類、E群展開・先端科目Ⅱ1類・2類、F群外国法科目1類・2類、G群基礎法・隣接科目1類・2類、H群実務関連科目1類・2類から構成されている。 修了にあたっては、合計102単位以上の履修を求める。その内訳は、(1)必修科目は、A群から36単位、B群から6単位、C群から26単位の合計68単位、(2)選択科目は、C群1類から2単位以上、D群・E群から12単位以上、F群・G群から各々2単位以上の計6単位以上、H群1類から4単位以上を含む、合計34単位以上修得しなければならない。[選択科目]D群とE群を合わせて選択必修12単位以上A群基礎科目B群法曹基本科目C群基幹科目D群展開・先端科目ⅠE群展開・先端科目ⅡF群外国法科目G群基礎法・隣接科目選択必修2単位以上選択必修2単位以上H群実務関連科目[選択科目]F群とG群を合わせて選択必修6単位以上[選択科目]選択必修4単位以上必修36単位+選択必修6単位+選択必修26単位+選択必修2単位以上+選択必修科目選択科目カリキュラム・ポリシー(カリキュラム全体の編成方針)D群 展開・先端科目ⅠE群 展開・先端科目Ⅱ基礎・基幹科目群法曹・実務科目群選択科目群年間登録上限単位数1L法学未修者1年次2L法学未修者2年次 法学既修者1年次3L法学未修者3年次 法学既修者2年次修了必要単位102単位以上42単位以内36単位以内44単位以内法務博士(専門職)A群 基礎科目 (必修36単位※+選択)B群 法曹基本科目 (必修6単位+選択)F群 外国法科目 (選択必修2単位以上)G群 基礎法・隣接科目 (選択必修2単位以上)C群 基幹科目 (必修26単位+選択必修2単位以上+選択)H群 実務関連科目 (選択必修4単位以上)()F群とG群を合わせて選択必修6単位以上()D群とE群を合わせて選択必修12単位以上※法学既修者は、A群基礎科目の必修科目36単位のうち、入学試験の法律科目試験において一定の水準に達していると認められた科目に対応する授業科目の単位数分を修得したものとみなします。ただし、入学試験の法律科目試験において一定の水準を満たさない科目がある場合は、その科目に対応する講義科目の履修が必要となります。※法学既修者として合格し本研究科に入学を予定されている方を対象に履修免除試験を実施します(2月に実施予定、受験は任意)。履修免除試験を受験し、所定の水準に達していると認められた場合は、免除を認定された科目に対応するA群基礎科目(必修科目)の履修を免除します。本研究科は、ここまで述べてきた教育理念、基本方針に沿った法曹養成を実現する教育体制を構築するために、以下に紹介するカリキュラム・ポリシーを立てています。これにしたがって授業科目を設置し、バランス良く科目群ごとの学修がなされるように、修得を要する単位数を科目群ごとに定めて、これを運用しています。カリキュラム07

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る