同志社大学法科大学院
4/32

教育理念と特色DOSHISHA LAW SCHOOL 社会の複雑化に伴い、法律家には高度な専門知識や技能が要求されています。本研究科では、展開・先端科目において、社会の進歩から生じる新たな法務ニーズに対応し得る多様な科目を配置しています。特に、司法試験の選択科目に採用された科目、渉外法務、企業法務の中核を担うべき科目群については、体系的、段階的学修が行われるように科目数を充実させ、プレゼンテーションスキルを学ぶ科目も配して、高度の技能を備えた即戦力を養成します。高度の専門性 法曹に欠かせないのは、確かな基礎学力に基づく安定した法的思考力、分析力、表現力などの基本スキルです。本研究科は、充実したラインアップの法律基本科目において、段階的学修を通じ、基本科目の基礎学力を、少人数教育によって徹底的に錬成します。必要な知識を的確に修得させるインプットに始まり、学年が上がるにつれて、事案の法的分析に基づく法解釈、紛争解決提案を説得的に他人に示すためのアウトプットのトレーニングにも力を入れています。京都大学法科大学院との連携によって、基本カリキュラムを外部の専門家の視点から客観的に点検し、一層の充実に努めています。充実した基本カリキュラム 同志社創立以来の建学の理念のもと、良心を手腕に運用する法曹の育成に努めてきました。法曹倫理教育はもちろんのこと、学習指導などを通じて日常的に教員との人格的ふれあいを深める環境を用意しています。さらに、同志社法曹会、法科大学院同窓会である寒梅会の先輩方との活発な交流を重視し、また、法律家の良心に訴えかける科目、授業内容を随所に配し、幅広い学修を通じて豊かな人間性を涵養していきます。良心教育 国際主義もまた、同志社建学の理念の一つであり、本研究科が力を注いできた分野です。本研究科における国際法務教育の特徴は、座学としての国際関係法、外国法科目が多数配置されていること、加えて、外国法実地研修、海外インターンシップに代表される実体験に根差した渉外法務の重視と、米国ロースクールでの留学生向け導入教育ともいうべきブリッジプログラムの導入によって、段階的学修を取り入れたことでしょう。国際主義 本研究科は、本研究科の教育方針を体験的に伝える入学前導入教育に始まり、正課授業以外にも、指導教授による学習指導、先輩弁護士によるアカデミックアドバイザー(AA)ゼミなどを通じて、学期中であれ、長期休暇中であれ、手厚い学修支援が受けられる体制を取っています。 経済的支援では、授業料相当額またはその半額をカバーする給付奨学金、希望者全員に無利息で貸与される貸与奨学金が利用できます。 地下鉄今出川駅から徒歩1分と交通の便は申し分なく、24時間入退室自由な自習室には、各自の専用キャレルが用意され、自習室、図書室など学習エリアのセキュリティも万全の体制で学習を支えています。きめ細かなサポート体制 / 快適な学習環境 / アクセス至便な立地詳細は P.25~2803

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る