同志社大学法科大学院
24/32

海外のロースクールへの留学体験談同志社から「海外留学」へ 本研究科は、教育理念の一つである「国際主義」を実現するために、充実した外国法関連科目群を設置するとともに、海外のロースクールや法律事務所と連携しています。 正課科目として開講している海外インターンシップでは、海外の法律事務所やNGOにおいて、短期間研修することができます。また、本研究科は、以下の海外の教育機関と交流協定の締結や交流活動を実施しています。これらの協定により在学中・修了後に外国法を学ぶ機会は大変豊富です。・ JTJB(シンガポール)・ Blake Dawson(現Ashurst / オーストラリア)・ Dawson Cornwell(イギリス)・ Arqis(ドイツ)・ Gleiss Lutz(ドイツ)・ Taylor Wessing(ドイツ及びイギリス)■ 研修先(国際法律事務所)の例■ 協定校アメリカ・ ミシガン州立大学カレッジ・オブ・ロー (以下「MSU」)・ デューク大学ロースクール・ カリフォルニア大学 ヘイスティングズカレッジ・オブ・ロー (以下「ヘイスティングズ」)・ ぺパーダイン大学ロースクール (以下「ペパーダイン」) ドイツ・ テュービンゲン大学 法学部・ ハーゲン大学ロースクール韓国・ 建国大学ロースクール 毎年、それぞれのLL.M.プログラムに入学する本研究科の学生(修了生を含む)1名ずつに通常の学費の半額を支給する奨学金制度があります。ヘイスティングズ・ペパーダインとの協定 ダブルディグリープログラムと教員の派遣により、「外国法特別セミナー(ブリッジプログラム)」を開講しています。本科目で修得した単位は、MSUの*J.D.プログラムまたはLL.M.プログラムへの入学時に単位認定申請することにより、MSUでの修得単位として認められます。 また、毎年MSUのサマープログラムを本研究科で実施しています。受講生はアメリカの学生が中心ですが、本研究科の在学生および修了生の受講も認められています。(修得した単位は、MSUのLL.M.コースに入学が認められた場合、8単位を上限として、その学位要件の単位に算入されます。) さらに、MSUとの協定として「ダブルJ.D.プログラム」があります。このプログラムを利用すれば、本研究科の在学生・修了生はMSUの*J.D.プログラムに入学することができ、本研究科で修得した単位(最大29単位まで)が認定されることにより通常3年かかるJ.D.取得を2年に短縮することができます。学費の減額を受けることができる場合もあります。MSUとの協定 2012年3月に、ドイツのハーゲン大学ロースクール生向けの日本法集中プログラムと国際比較法シンポジウムを本研究科で実施し、2015年11月にも同様のプログラムをより改善して実施しました。将来的には他のヨーロッパの大学へも拡大する予定ですので、今後もドイツや他のヨーロッパ諸国の学生と共に、裁判所・刑務所・日本の企業法務部などの見学、その他様々な活動に参加する機会が増えていきます。ハーゲン大学* J.D.(法務博士)とは 米国各州の司法試験の受験資格として広く認められ、就職の面においても有利となります。在学中に取得できれば、アメリカの法曹資格者として本研究科を修了してから日本の司法試験にチャレンジすることも可能です。※前述のインターンシップやLL.M.・J.D.プログラムの受入れについて本研究科はサポートをしますが、いずれも申請には提携先の条件(TOEFLスコアなど、語学力に関するものを含む)を満たす必要があり、また、受入れの許否も最終的には提携先の審査により決定されますことをあらかじめご了承ください。 私は同志社大学ロースクールを修了した後、司法試験合格、司法修習、ミシガン州立大学でのLL.M.取得を経て、現在、三菱電機株式会社の法務部で契約審査や法的トラブルへの対応の仕事をしています。企業の法務部でグローバルな法律案件に携わりたいと考え、司法修習後にロースクールの留学プログラムを利用して留学しました。アメリカ法は日本法とは異なる法的アプローチが必要ですが、ロースクールで学んだ日本法との違いに注目すること、及び、授業の予習復習を徹底することで、アメリカ法を深く学ぶことができました。加えて、教授陣や仲間とディスカッションをすることを通して、多様性や合理性を重視するアメリカ特有の価値観も学ぶことができました。同志社ロースクールには、充実した留学支援制度がありますし、教授陣が手厚くバックアップしてくださるので、グローバルに仕事をしたいと思われる方は、ロースクールの制度を活用して世界に羽ばたく一歩を踏み出してみられてはいかがでしょうか。大山 浩子さん三菱電機株式会社勤務大阪大学/法学部 卒業同志社大学大学院司法研究科 修了企業内弁護士23

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る