同志社大学法科大学院
23/32

2L3L春学期秋学期春学期秋学期C 憲法演習ⅠC 刑法演習ⅠA 行政法講義(総論)A 民法演習ⅠA 民法演習ⅢA 商法講義ⅠB 法曹倫理D 租税法ⅠB 刑事訴訟実務の基礎B 民事訴訟実務の基礎C 民事訴訟法演習ⅠA 商法講義ⅡC 商法演習C 民法演習ⅡC 刑事訴訟法演習ⅠC 刑法演習ⅡC 行政法演習ⅠC 憲法演習ⅡD 租税法ⅡE 信託法H エクスターンシップⅠH 法務実務演習(民事法) ※通年科目(2単位)C 民事訴訟法演習ⅡD 租税法総合演習E 保険法E コーポレート・ファイナンスE 企業結合法(M&A)E 国際租税法G 法理学E 国際民事紛争処理の実務G 現代人権論F アメリカビジネス法H クリニックC 商法総合演習C 民法総合演習ⅠC 刑事訴訟法演習ⅡC 行政法演習Ⅱ履修モデル入学試験、履修免除試験により法律基本科目を修得済みと認定された場合、2年間で、基本科目を厳しく鍛え、選択科目では実戦デビューに備えます。2. 法学既修者三島 広大 さんの場合※このモデルは2018年度入学生のカリキュラムに基づいています。※太字は必修科目です。公法憲法行政法刑法刑事訴訟法民法商法民事訴訟法刑事法実務科目基幹科目展開・先端科目基礎法・外国法科目民事法履修単位い先端科目に触れることで自分がどの分野で仕事をするかを考えるきっかけになるなど、実務家になる上で大きな糧になると思っています。 同志社大学法科大学院は、最低限の単位数は履修する必要があるもののアウトプットに重きを置く総合演習が選択科目に位置付けられていることで、履修選択の自由度が高いと思います。 私は、アウトプットの力は講義外で個別に指導を依頼することでも養成できるのではないかと考えたため、選択科目は自分の興味を重視して履修しました。特に、法科大学院生のうちにその分野の第一人者の講義を受けることができるのは大変貴重なことであり、また幅広14単位22単位22単位14単位1L春学期秋学期免除免除三島 広大さん(名古屋大学/法学部 卒業)法学既修者 2年次将来を見据えた履修選択22

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る