こちらに共通ヘッダが追加されます。
トップページ > [ 教育体制 ] 教員紹介 > アカデミック・アドバイザー

教員紹介


アカデミック・アドバイザー

アカデミック・アドバイザーの声 中井 俊輔 弁護士 同志社大学大学院司法研究科修了

   同志社大学法科大学院では、法科大学院を修了した現役弁護士を中心とするアカデミック・アドバイザー(以下「AA」といいます。)による、全ての在校生及び修了生を対象としたゼミ形式での学習指導を行っています。基礎学力の向上を図るために正規授業の進行に合わせて課題等に取り組むゼミのほか、より実践的な問題解決能力を身に付けるための事例演習ゼミ、休暇期間中には選択科目を対象にしたゼミも行っています。
   私は、2Lを対象にした民法の基礎学力ゼミを担当しており、受講生には、毎回、事前に課題の検討・起案をしてもらっていますが、この課題が実践的な事例問題になっていますので、早い段階から事例問題への取り組み方を身に付けられる絶好の機会だと思っています。また、ゼミの時間には、問題の解説、条文や判例といった基本的知識の確認はもちろんですが、AAならではの司法試験の合格体験や受験生活における失敗体験に基づいたノウハウを惜しみなく提供しています。
   AAは、比較的近年に受験と実務の両方を経験した者として、実務・司法試験において求められているものを、皆さんに近い目線に立って、考え、伝えることができる存在です。また、本学の修了生も多く、勉強方法だけでなく、学生生活全般における様々な知識と経験を持っています。私達AAは、皆さんの学習意欲、成果を高めるとともに、司法試験の合格に少しでも近付けるよう全力でお手伝いさせていただきますので、積極的に活用してください。

アカデミック・アドバイザーの声 谷岡 茉耶 弁護士 同志社大学大学院司法研究科修了

   私は,アカデミック・アドバイザー(AA)として、1Lチューター及び刑事訴訟法事例演習ゼミを担当しています。私のゼミは,基本的には,事例問題を予め検討・起案してもらい、それを解説するスタイルを採っています。その際、私が心掛けているのは、受講生一人ひとりの力に合わせて、きめ細やかな指導をすることです。
   司法試験の勉強とは、合格者に求められる能力を分析・理解した上で、現状の自分の能力を分析し、合格者像に近づけていく作業です。ゴールは同じですが、スタート地点が人によって異なりますので、自ずと、ゴールへ向かう道筋(課題)も違ってきます。知識不足、答案の書き方が分からない、答案が高得点に結びつかない…等々。そこで私は、通り一辺倒に指導するのではなく、受講生の皆さん一人ひとりの得意な部分、苦手な部分を分析しつつ、足りない部分を補い、得意なところは伸ばすように心掛けています。
   私自身、同志社大学司法研究科の先生方は無論のこと、AAゼミの先生方のおかげもあり、司法試験に合格出来たと思っていますので、その恩返しのつもりでゼミに取り組んでいます。学習指導だけにとどまらず、勉強方法や、学生生活全般にわたって、皆さんの質問や相談に親身になって対応します。どうぞ皆さん、AAゼミを大いに活用して下さい。

ページTOPへ