こちらに共通ヘッダが追加されます。

教員からのメッセージ


浅野有紀 教授
Q. 法科大学院では何を担当されますか?
A. 私は、法理学が専攻ですので、法理学をはじめとして、法学基礎講義、現代人権論、法情報調査・文書作成入門を担当します。法理学は、法哲学と呼ばれることもある基礎法の分野ですが、授業は法科大学院での講義を念頭に作成されたテキストを用いて行います。これは、素材となる法にかかわる事例を、様々な法理学的観点から料理する、という形をとっているので、法理学の体系的な説明はありません。法理学の基本的な知識や議論の流れは、むしろ法学基礎講義で扱います。現代人権論は、人権を含む幅広い現代の権利論の様相について、法学部の法理学の濱真一郎先生と合同で行います。法情報調査・文書作成入門は、法的思考の基本とそれに関するインプットとアウトプットについて、学ぶ科目です。他の法科大学院でも、法情報調査の科目を法理学の教員が担当することがあるのは、法理学が、個々の実定法を扱うわけではないけれど、実定法科目に共通する「法」の性質とは何か、法的思考とはどのようなものか、について議論を重ねてきた学問分野であるためです。
Q. 法科大学院において法理学を勉強することの意味はどんなところにあると考えておられますか?
A. 基礎法は司法試験における試験科目には含まれていないので、学生諸君にとって、法理学などの基礎法科目を学ぶことの意味というのが、目に見えては分かりにくいかもしれません。私は二つの意味があると思います。まず一つ目は、先ほどの法情報調査・文書作成入門についても述べたように、法理学は、「法とは何か」と問う学問ですから、法学における最初の問いで、また最後の問いでもあるのです。ですからこの問いについて考えないで、法を学ぶあるいは法実践に携わるということはあり得ないのです。もちろん、みなさんは実定法の個々の科目や、裁判や、政治や、広く社会について知識と経験を積む中で、「法とは実際何であるのだろう」と自分の頭で考えることができますが、その際、基礎法の豊富な学問的資源に触れたことがあるかないかで、その考えの深さや、他の理解との比較検討の可能性が全く違ってくるはずです。二番目には、法理学などの基礎法を勉強するのは、自由に考えをめぐらして、時には奇想天外なことを考えて、例えばそれを授業で発言しても、全然叱られない(笑)から、とても楽しいのです。勉強は楽しいことが一番です。そして、基礎法を通じて、いったん法学の楽しさに気付けば、試験科目も含めた勉強もどんどん進むと思います。
Q. 最近の研究関心は何ですか?
A. 私は、大学院以来、契約や不法行為などの私法における正義論や自由論を研究してきました。近年グローバル化を背景として、商取引の国際化や多国籍企業の活動、NGOその他の民間団体の国境を超えた活動がさかんになっています。その中で、従来型の国家法の実効性が相対化される反面、当事者自治や業界の規範など非国家法が拡大していることが指摘されています。このような非国家法化の可能性と限界を、私法理論から考えることが最近の研究関心です。しかし、グローバル化の影響が行政法などの分野でも論じられていることを知ったので、私法理論だけではなく、もっと視野を広げていかないといけないと思っているところです。
ページTOPへ