こちらに共通ヘッダが追加されます。
トップページ > [ 基本情報 ] 在学生の声

在学生の声

1年次から計画的な履修を心掛けるとともに、多様な科目を履修

渡邉 雄一朗法学未修者3年次(3L)
同志社大学法学部卒業 

 未修1年次の学習は3年間の法科大学院での学習の根幹となります。そのため、必修の講義科目で基礎的な知識を培うとともに、隣接科目で法的な思考方法を学ぶことができるように履修しました。
 2年次は、訴訟法科目を新たに学ぶほか、1年次で学んだ講義科目が演習科目に移るため必修科目の学習量が増えます。選択科目としては、租税法や信託法など自分が興味のある分野を履修しています。また、2年次からは単位互換制度が利用できるため、京都大学で商法総合1を履修しましたが、講義の形式や雰囲気も異なる中での学習は非常に良い刺激となりました。秋学期の科目を先取りして履修でき、計画的な履修を組むことができる点でも有益でした。
 3年次では、総合演習科目を中心に、より実践的な学習をしたいと考えています。



将来を見据え、自分に合わせた法科大学院らしい履修選択

世古口 紘明法学既修者2年次(3L)
同志社大学法学部早期卒業 

 本研究科では、2年次に基礎から確実に理解を深め、知識を「修得」できるようにまんべんなく演習科目が割り振られています。そのため、私も入学当初は質疑応答が続く演習形式の授業に戸惑い、法科大学院で学ぶとはこういうことかと既修者ながら勉強不足を痛感させられたものの、着実に学習を進めることができました。
 3年次にはアウトプット中心の総合演習科目が選択科目として開講されているため、自分の苦手科目や理解度に合わせて履修を選択することで、効率的に学習できるでしょう。
 また、本研究科では各分野の第一人者や実務の最先端で活躍されている先生方による授業が開講されており、自分の興味に合わせて、司法試験合格だけでなく、その後法曹として活躍することまで見据えた有意義な学習ができるので、高いモチベーションを持ち続けられています。

ページTOPへ