こちらに共通ヘッダが追加されます。
トップページ > >メディエーションスキル集中トレーニングプログラム実施のお知らせ

メディエーションスキル集中トレーニングプログラム実施のお知らせ
Notice of Intensive Mediation Skills Training

同志社大学大学院司法研究科とペパーダイン大学ロースクールのストラウス紛争解決研究所は、高い評価を受けている同研究所の訴訟事例メディエーションプログラムの国際版を、日本で初めて共同で実施いたします。
このプログラムは法律実務家、経営者、紛争解決の専門家、教育者、その他の専門家を対象としており、日本の従来の家事調停・民事調停とは異なる西洋型のメディエーションを学べる11月28日~12月3日(11月29日を除く5日間)に実施の集中コースです。
講義は全て英語で行われますが、希望者は有料で同時通訳を利用することができます。また、同志社大学東京サテライト・キャンパス(東京駅から徒歩6分)で実施しますので、首都圏勤務の実務家の方々にとっては大変受講しやすいプログラムです。
興味のある方は是非ともご参加ください。

For the first time in Japan, Doshisha Law School and Pepperdine School of Law’s Straus Institute for Dispute Resolution are jointly offering an international version of Straus’s acclaimed Mediating the Litigated Case ™ program.
An intensive course delivered from November 28-December 3 (no class on November 29), this program is an ideal opportunity for lawyers, administrators, conflict resolution specialists, educators and other professionals to learn U.S.-style mediation and the ways it is different from Japanese-style mediation and conciliation techniques.
The program will be delivered entirely in English with simultaneous translation available for those who need it (additional charges may apply).
The venue is Doshisha University’s Tokyo seminar center, conveniently located near Tokyo station and easily accessible to professionals working or staying in Tokyo.

pdfプログラム詳細
   Mediation Program Description


pdf受講申込書(日本語)
pdfMediation Program Application

同志社大学大学院司法研究科