こちらに共通ヘッダが追加されます。
トップページ >本学法学部、西南学院大学法学部と法曹養成連携協定を締結しました

本学法学部、西南学院大学法学部と法曹養成連携協定を締結しました

本研究科は、12月18日に本学法学部と、12月19日に西南学院大学法学部と、それぞれ法曹養成連携協定を締結しました。

これらの協定は、「法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律」第6条の規定に基づくものであり、法科大学院と連携した教育課程を編成する法曹コースを法学部に設置することにより、法学部を早期卒業し、特別選抜入試により法科大学院の法学既修者コースへ進学することが可能となります。これにより、最短で法学部3年、法科大学院2年の計5年で司法試験の受験が可能となり、時間的・経済的負担が大幅に軽減されるとともに、一貫した法曹養成教育による教育効果が期待されます。

実施にあたっては文部科学大臣の認定を受ける必要があり、今回の協定締結を受け、今後、文部科学省に法曹養成連携協定に関する認定申請を行う予定です。

「法曹コース」の制度に関する詳細は以下の文部科学省のホームページをご覧ください。
https://www.mext.go.jp/3plus2/