こちらに共通ヘッダが追加されます。
トップページ > ウィスコンシン大学ロースクールと単位互換プログラムに関する協定を締結しました

ウィスコンシン大学ロースクールと単位互換プログラムに関する協定を締結しました

写真 ウィスコンシン大学ロースクールと単位互換プログラムに関する協定を締結
   司法研究科(法科大学院)および法学研究科とウィスコンシン大学ロースクール(アメリカ ウィスコンシン州、マディソン市)は、「単位互換プログラム」の協定を締結しました。同プログラムでは、要件を満たす本学大学院生が、ウィスコンシン大学のLL.M.(法学修士)コースに入学し、同大学が夏・春休みに京都に派遣する教員による集中講義を履修することなどにより、LL.M.コース修了に必要な単位の約半分を同志社大学に在学しながら取得することができます。
   また、ウィスコンシン大学ロースクールを修了するためには通常、2学期(9ヶ月)間を現地キャンパスで学修することが必要ですが、1学期に短縮することができます。通常のコースに関わる約半分以下の学費等でアメリカの上位にランクするロースクールのLL.M.が取得できます。LL.M.は、アメリカの一部の州等では、司法試験受験資格として認められる場合があります。